本文へ移動
2023シーズン指揮者体制変更のお知らせ(常任指揮者)
2021-10-01
カテゴリ:お知らせ
重要
仙台フィルでは、2023シーズンより下記の通り指揮者体制を変更いたします。

・常任指揮者
 高関 健(2023シーズンより就任)
 ※飯守泰次郎は、2022シーズンをもって、任期満了に伴い常任指揮者を退任いたします。

飯守氏のファイナル・シーズンとなる2022シーズンは、第355回、第358回、第362回定期演奏会に出演し、仙台フィルとの歩みの集大成として、ブラームス、ワーグナー、そしてブルックナーを取り上げます。
飯守泰次郎 出演 2022シーズン定期演奏会
 

日時出演者
曲目
355
5/6(金)
5/7(土)
指揮:飯守 泰次郎
ピアノ:菊池 洋子
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15
ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 作品98
358
10/7(金)
10/8(土)
指揮:飯守 泰次郎
チェロ:佐藤 晴真
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
シューマン:交響曲第3番 変ホ長調 作品97「ライン」
362
3/17(金)
3/18(土)
指揮:飯守 泰次郎
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」より
       ‟前奏曲と愛の死”
ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調 WAB.107
高関 健 プロフィール(2023シーズンより常任指揮者に就任)
高関 健 TAKASEKI Ken

国内主要オーケストラで重責を歴任し、現在東京シティ・フィル常任指揮者、仙台フィルレジデント・コンダクター、富士山静岡響首席指揮者、東京藝大指揮科教授 兼 藝大フィル首席指揮者。サンクトペテルブルグ・フィルなど海外への客演も多い。 2019年3月にロシアで團伊玖磨のオペラ「夕鶴」を指揮して日ロ文化交流に貢献、2021年4月は新国立劇場オペラ、ストラヴィンスキー「夜鳴きうぐいす」とチャイコフスキー「イオランタ」の指揮を務めた。
公益財団法人
仙台フィルハーモニー管弦楽団
〒980-0012
宮城県仙台市青葉区錦町
一丁目3番9号
(仙台市錦町庁舎1階)
TEL.022-225-3934
FAX.022-225-4238
TOPへ戻る