TOP> 楽団員リレーコラム> 楽団員紹介> 楽団員リレーコラム

楽団員リレーコラム

リレーコラム<第7回>

花粉症:ホルン 中村隆司さん

私は一年の中でちょうど今の時期(5月頃)が一番好きです。新緑は美しく、何よりも毎年悩まされている花粉症の症状がようやく治まる時期だからです。

私は10年ほど前から春先の花粉症に悩まされています。初めのころは花粉症とは知らず、どうしていつもこの時期はくしゃみばかりして、鼻水も止まらないような風邪をひいてしまうのだろうと思っていたものでした。そのうちに、もしかして!と思い、どうしても試したくなって山に向かい、杉の木の下に行って思いっきり木を揺すぶって、舞い落ちてきた花粉を吸ってみたのです。するともう大変。すぐにくしゃみの30連発。鼻水だらだら、目までしょぼしょぼ…こうして自分が杉の花粉症であることを自覚しました。

そこへ今度は、何を血迷ったか逆療法などと言いきかせながら、杉の花粉をやけになってこれでもかと思うほど吸ってみました。アレルギー反応を通り越してそのうち体が適応するのでは、なんて何の根拠もないのに試してしまったのです。ところが症状は悪くなる一方…もうお手上げです。やはり素人考えで変なことをするものではないですね。その後、病院のアレルギー科に駆け込んだのは言うまでもありません。お医者さんに一部始終を話したところ呆れられてしまいました。

こうして私は毎年春になると花粉症との壮絶な戦いを繰り返していますが、そんな症状もなくな5月を迎えると、心はルンルンとなってきます。この間のゴールデンウィークは久しぶりに家族で山形蔵王へドライブに行きました。山の景観も美しく、温泉にも入り、天気も良かったので新緑が目いっぱいに入り、癒されました。冬のスキーシーズンも良いですが、今の時期の蔵王も、とても気に入りました。機会があればまた行ってみようと思います。

このページのトップにもどる