TOP> トピックス

トピックス

2017/05/12

復興パートナーシート事業報告

■事業概要

仙台フィルハーモニー管弦楽団では、平成26年度より東日本大震災で被災された方々を定期演奏会にご招待する復興パートナーシート事業を行っています。この事業には、ご賛同いただいた多くの方々からのご寄付を活用させていただいています。

 

■ご寄付いただいた方々

26年度から28年度までの3年間で総額5,337,064円のご寄付をいただいています。

◆ふっさ七夕絆シート
◆JR北海道シート
◆フロイントシャフト・ベルリンシート
 (「フロイントシャフト」とはドイツ語で「フレンドシップ」の意味)
◆沖縄ゆいまーるシート
 (「ゆいまーる」は沖縄の方言で「助け合い」の意味)
◆鹿島建設シート
◆西本&ふもとのこどもオーケストラシート
◆パスカル・ヴェロシート
◆山田和樹シート
◆スウェーデン観光文化センター様
◆演奏会場設置の募金箱にご協力の皆様
◆仙台国際ハーフマラソン大会・仙台応援チャリティランナーの皆様
 (寄付の一部を当該事業に活用させていただいています)  

 

■招待者数

26~28年度の3年間で応募いただきました中から1,192名様をご招待し、うち979名の方々に演奏会にご来場いただきました。

 

■今後の予定

29年度も引き続き復興パートナーシートを続けてまいります。

復興パートナーシートご応募詳細はこちら→

このページのトップにもどる