TOP> 異種楽器対談> 楽団員紹介> 異種楽器対談

異種楽器対談

第15回、第16回
ヴァイオリンの竹内崇子さん、ファゴットの海野隆次さん
ヴァイオリンの竹内崇子さんが、ファゴットの海野隆次さんになにやら尋ねています。

竹内
私は初めてこんなにまじまじと近くで見たんですけど。持ってもいいですか。
海野
どうぞ、どうぞ。重いんですよ。
竹内
何キロぐらいあるんですか。
海野
何キロぐらいあるんでしょうねぇ。今度計ってみるよ。
竹内
この素材は。木の…
海野
これは、楓(かえで)ですね。この筋(木目)は書いてあるやつで…
竹内
えー!そうなんですか。それっぽくしてある。
海野
ほら、剥げてるところにはないでしょ。
竹内
違う木目になってる。
海野
見せ掛けで…
竹内
木目調ですね。へぇ、高級感があるような…、でも、剥げちゃう… 寿命はどのくらいですか。そんなに長くない。
海野
ん~、結構ね、ヴァイオリンと違って湿気を吸ってるので。どうしてもね。水分の多く付くとこがね、腐ってきちゃって。
竹内
腐っちゃう…、たとえば。
海野
この下の折れ曲がってるところに水が溜まって、ここらへんの木がいつも水を吸って腐ってくんのね。一応プラスチックの管が入ってるんですけど。
竹内
木目調の裏側で。
海野
そう、そう、そう。木をくり貫いてプラスチックの管を入れてある。
竹内
これは、木である必要が全く無いということですか。
海野
そう、プラスチックだから。
竹内
でも、木の方がいい音がするんですか。
海野
そうでしょうねぇ。
竹内
ファゴットってどれくらい前から作られてるの。
海野
バッハの頃からじゃないかなぁ。
竹内
そうですよね。バッハで楽器が使われてる…
海野
一番原始的なやつはねぇ、フォーキーって。
竹内
フォーキーって。
海野
4つのキーのやつ。(キー:指の届かない穴を押さえる仕組み。)
竹内
今はいくつなんですか。
海野
親指だけでこれ全部だから。
竹内
ここ全部親指ですか。
海野
1・2・3・・・10個。
竹内
当たり前ですけど、それ見ないで当たるようになっているんですよね。
海野
時々間違ってるけど。
竹内
で、4キーじゃなくて、今はいくつあるんですか。
海野
いくつあるんだろう…
竹内
これもキーなんですか。
海野
これシのフラットなんだけど、古い楽器はシのナチュラルが無いの。
竹内
な、無いのはどうすればよいの。
海野
そう、無いの。だから昔の曲には、シのナチュラルが無いの。
竹内
へぇ、すごい!それが改良されて、今の形に。この形になったのはいつ頃なんですか。
海野
ん~、ベートーヴェンの後ぐらいじゃないかなぁ。大体の形は。これは、ドイツの楽器なんだけど、古い楽器の原型を留めて進化したフランスのものもあるんですよ。ほとんど廃れちゃったけど。
竹内
同じファゴットっていう名前。
海野
ううん、向こうはフレンチバスーン。黒檀でできていて、真っ黒なの。
竹内
へぇ、使いやすさは。
海野
もう、こっちの方が断然使い易い。向こうの楽器はシのフラットが…
竹内
あぁ、さっきから重要ですね。
海野
この一番下のシのフラットもだけど、次のシのナチュラルも…。これが、あの、、、出来なくて…
竹内
はぁ、出ない…。こんなにキー多いとメンテナンスも大変ですね。あ、この穴はキーが無い。
海野
直接指で押さえるから、木が腐ってきて。穴にはめてある金属の輪、取れちゃって。
竹内
あぁ、回りも。
海野
だから作り直すの、自分ではんだをのっけて。お金かかるから。こんなことやる人あんまりいないけど。
竹内
見ると、キーの間隔広そうですね。女性だと、指開くのは。
海野
小っちゃい子はなかなかね。
竹内
指細いと穴埋まらなそう。
海野
初心者だと広げる感覚がつかめなくて、穴があいちゃう。でもこれ、まだいい方で、昔のバロックファゴットはもっと開いてるから。
竹内
小さな楽器ってないんですか。
海野
遊びで作った人はいるようだけど。
竹内
中学生でブラスバンドやっている子も。
海野
これ。
竹内
体ができてからじゃないと…。さわっていいですか。開かない!あたし、だめだ!届きません。
ファゴットって重いですよね。首が痛くなりそう。これ持ち上げて吹いてるんですか。
海野
ここに吊り紐みたいなものが出てて、肩にかけて。
竹内
あの、よく吹いていらっしゃるコントラファゴットは。
海野
あれは、ピンが入っていて。
竹内
あぁ、チェロみたいに。そっちのほうがかえって肩こらないですか。
海野
ん~、肩はこらないけど、首にくるね、なかなか。下のほうが固定されているから、自由がきかないんだよね。それに体の前に楽器があるので、前が見えないのね。
竹内
そうなんですかぁ。じゃあ楽譜も見えない。
海野
そうそう。
竹内
指揮者も…。ちょっと怒られそうなときは楽器に隠れて。
海野
もうちょっと改良してくれるといいんだけどね。前見えるようにしてくれればねぇ。
竹内
吹いている海野さんは、遠くから見てると、なんか、とっても苦しそう。吹くところが高いような。
海野
そう、あの角度、やりにくいの。
竹内
じゃあ、それに合わせて口をこう、持ち上げて。
海野
ほんと、疲れんなぁ、あれ。
竹内
椅子高くして、お尻に座布団敷いちゃうとか。
海野
いろいろ高くしてるんだけどねぇ。どうも、あの、角度がねぇ。合わないんだよねぇ。
竹内
鍵盤ハーモニカみたいなプラスチックの。
海野
柔らかいチューブの!いいねぇ!そうだったら楽だよね、きっと。
竹内
指揮者見たいときはこっち。見たくないときはこっち。
海野
指揮者から目をそらすのにはいいんだよな。
竹内
重そうですよね。
海野
xうちのはねぇ、古い楽器だから、たぶん日本で一番古いと思うよ。戦前じゃない?まちがいなく戦前だよ。ドイツの方から流れてきた。うちで買ったのは15年前じゃないかな。まだそれでも軽い方だけど。
竹内
今のはもっと重くなってるんですか。
海野
今のはね、もっと大きい。最低音がB(シのフラット)なのに、さらに半音低い音が出るように作ってる。本当は使わないんだけどね、下のA(ラ)なんて。
竹内
楽譜に出てこない!
海野
楽譜に出てこない1個の音のためにすごく大きいの。ベルの先これからあるからねぇ。
竹内
20センチくらい。
海野
そしてブェーブェーブェー、品のない音出してるの。品のよさを追求してはいけないんだ。
竹内
低くて、耳にもちょっと入ってきにくいっていうか、音程がわかりづらい。
海野
うん、わかんない。自分でもよくわかんない。ブェーブェーブェーっていってるから。
竹内
いくつに分かれてるんですか。
海野
あれは分かれてないの、全部で一体。
竹内
えっ、あの大きさ、一つなんですか。分解できない。
海野
うん、そうだね。
竹内
楽器の入ってる木も…箱もすごいですよね。
海野
たぶん日本で一番いいと思うよ。
竹内
でも、じかに持ってませんでした?車に。海野さん、楽器裸で持ち歩いてましたよね。ほったらかしでしたよね。
海野
うん、しょうがないんだよ。重いから。
竹内
ファゴットって唾抜けるとこあるんですか。
海野
うん、やっぱり下に溜まるので。唾抜きみたいなのは付いてないけど、まぁ、分解して。
竹内
使う度にですか?片付ける度に?
海野
まぁ、時々ね。溜まっちゃうとビチョ、ビチョ、ビチョって音が鳴っちゃうから。
竹内
わかりやすいですね。
海野
こっちを外して出す人もいるし、ここ全部分解して出す人もいる。
竹内
じゃ、演奏中は。
海野
うん、演奏中にもやるよ。
竹内
演奏中にもやるんですか。けっこう簡単に取り外しができちゃうんですね。でも取れないんですか。大丈夫なんですか。
海野
うん、だからね、気を付けないと。そう、この前、落としてたよね。だれか落としてた。スポンって。
竹内
ファゴットを?
海野
うん、この間。ズドーンと。
竹内
えっ、下が抜けちゃったんですか。
海野
そう、そうだね。
竹内
海野さんはそんなことないんですか。
海野
落としたことはないけど、よく上はぶつけるよね。ガチーンと。
竹内
マウスピースも見せていただいていいですか。あっ、リードだ。金管楽器じゃなかった。これは自分で作られるんですか。
海野
かまぼこっていう、竹を縦に3等分に割って裏側を丸いカンナで削ったもの。その表側を削っていくの。このリードの先っぽね、最初、くっついてるの。
竹内
へぇ。
海野
これ、ちょん切って。
竹内
ちょん切る。後から切る?2枚を合わせるんじゃなくて。
海野
元々1枚のを真ん中から折り曲げて、下を結わえてから。
竹内
なんででしょう。2枚くっつけるのと…。
海野
うーん、なんか、うまく合わないんだよね。ずれちゃうんだね。たまたま片方だけだめになったのを合わせたりするんだけど、うまくいかないの。
竹内
あぁ、そっか。糸巻いて固定しちゃってから切れば、ずれない。細かそうな作業ですね。
海野
うん、細かい。
竹内
この糸の巻き方も独特ですよね。丸く毬みたいに。
海野
みんなそれぞれ特徴があるよね。癖があるよね。
竹内
肩こることばっかりですね。
海野
そう!肩こることばっかり。でもヴァイオリンだって、なんか弾いてる姿勢は肩こりそうだよね。みんな、それぞれ、やっぱり…

このページのトップにもどる