TOP> コンサート/チケット> コンサート情報

コンサート情報

高関健プロデュース「日本のオーケストラ音楽」展

日程
2018年6月7日(木)
7日/午後7時開演(午後6時30分開場)
場所

日立システムズホール仙台・コンサートホール

出演

指揮:高関 健

プログラム

芥川也寸志:弦楽のための三楽章「トリプティーク」
藤倉 大:シークレット・フォレスト
矢代秋雄:交響曲

料金
【全席自由】
一般:¥3,000
ユース:¥1,500
※ユース券は、ご来場の演奏会当日に25歳未満の方が対象
※未就学児童のご入場はできません
※ご来場の際には、近隣の駐車場には限りがございますので、公共交通機関をご利用ください。
お問い合わせ

仙台フィルサービス
TEL:022-225-3934


主催:公益財団法人仙台フィルハーモニー管弦楽団
協賛:東北電力株式会社
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
   公益財団法人アフィニス文化財団
   


  

[チケット購入はこちら]

温故知新~故きを温ねて、新しきを知る~
仙台フィルでは長年にわたって「日本の現代作曲家」シリーズを開催し、日本人作曲家の作品を広く紹介してきました。
楽団創立45周年を迎える2018年からは、シリーズのコンセプトを作品に移し、「オーケストラ活動黎明期に日本人の手によって創作された数多くのオーケストラ作品のなかから、初演以降内外に広く親しまれ、再演が繰り返されている傑作を紹介する」をコンセプトに新たにシリーズをスタートいたします。
2018年度から仙台フィルのレジデント・コンダクターに就任する高関健がプロデュースを務めます。

高校生までの皆さんをご招待します。~U-18チケット~
お住まいの地域に関係なく、音楽を通して未来を担う子どもたちを支援するため、小学生~高校生を仙台フィル主催公演にご招待します。


トークイベントを開催いたします。
公演に先立ち、高関健によるトークイベントを開催いたします。欧米作曲家が日本人作曲家に与えた影響や、作品が上演された当時のオーケストラ界についてご紹介します。

このページのトップにもどる