TOP> 楽団員インタビュー> 楽団プロフィール> 仙台フィルについて> 楽団員インタビュー~ハーモニーな楽屋~

楽団員インタビュー~ハーモニーな楽屋~

構成 / 西大立目 祥子

Vol.6 オーボエ:鈴木 繁Interview

画像-オーボエ:鈴木繁

普段見られないもの、普段聴けないもの、
心から満足のいく音楽の時間を、人に届けたい。

村の祭りで音楽と出会った。町の学校でサクソフォーンに夢中になった。
オケの華、オーボエ奏者になったいまも、生まれ育った秋田・角館の風景は消えない。

オーボエのリード製作も手がける。「自分のリードは自分でつくるものだけど、いまはナイフを使えないブラスバンド部の子どもたちが増えているからねえ。」

村祭りで得た、強烈な音楽体験

振り返ると、小学生のとき雷に打たれたような音楽との出会いがあるんです。村の祭りの演芸大会で民謡が続いたあと、エレキバンドが登場したんですよ。突然、華やかなステージが現れ、音が和から洋に転換し、パンチの効いたリズムが響き渡った。うわぁ、カッコイイ!強烈な体験でした。クサビが入ったというのか、眠っていたものが揺り動かされたというのか、そのときから音楽が自分にとってはなくてはならないものになったんです。

中学でブラスバンド部に入りサクソフォーンを始めました。高校卒業までの6年間は、サクソフォーンを中心に、もう音楽浸りの毎日です。かなりいけるぞ、と自信もつけた。それは楽しかったですねえ。

でもいざ卒業の段になって焦った。勉強なんて何にもやってなかったから。かといって、音大進学は考えもせず、毎日楽器が吹けるという理由だけで、自衛隊の音楽隊の道を選びました。

ところが、入隊したら「オーボエだ」といわれたんです。泣けましたね。仙台には先生もいない。東京に出してもらい、いろいろな先生方に習いました。救いはサクソフォーンとオーボエの指使いがほとんど同じだったこと、そしてある先生が「上手くなるよ」といってくれたこと。半年で吹けるようになり、オーボエ人生が始まりました。

一人で何役もこなしたオーケストラ創立のころ

創立したばかりの宮城フィルに入団し、最初にお給料をいただいた一人です。アマチュアをごっそり借りてきて演奏会をやっていた時代ですから、何でもやりました。事務局、営業、楽譜の手配、エキストラ集め…。練習のときだって、椅子並べて、譜面台立てて、みんな待って、チューニング(笑)。でも、大変だとまったく思わなかった。好きだから、苦労を感じなかったんですね。

秋田の片田舎から出てきて、楽器が吹ければいいという思いだけでやってきたけれど、気がつけば目の前には世界的指揮者や演奏家、CDが出る、ヨーロッパ公演にも行ける…一生懸命やっていると、素敵なことが降ってくるものですね。

この30年を振り返ると、恵まれ過ぎでバランス感が悪いんです。だから、これからは恩返しかな。もっともっと音楽の楽しさを伝えたいし、チャリティーコンサートにも取り組んでいきたい。今度、母校の小学校で演奏をするんですよ。

オーケストラはお客さまに夢を与えると同時に、公共性を併せ持つものだと思います。学校や病院と同じような存在なっていきたい。そのためには、お客さまのことをもっともっと考え、演奏家もサービス業としての意識を持つ必要があると思います。時間とお金を使って来てくださる方に、本当にいい音楽をお届けしたいですね。

すずきしげる
中学時代にサクソフォーンを始める。高校卒業後、陸上自衛隊東北方面音楽隊入隊し、オーボエに転向。1978年、仙台フィルの前身、宮城フィルの創立とともに入団。1953年、秋田県生まれ。

第224回定期演奏会(2007年11月2日・3日)プログラムより

このページのトップにもどる